セラリカの安全なワックス。本当に良いものは人間にも環境にもやさしい。

生命の恵みとエネルギーがもたらす、〝真の豊かさの世紀〟へ。

近代社会が始まる以前、人類の歴史のほとんどは、自然との共生や調和をもとに営まれてきました。
人びとは大自然に畏敬の念を抱き、動植物が与えてくれる恵みを享受する知恵や作法を大切に守り育んできました。
21世紀に入り、近代社会を推進した石油エネルギーや産業に代えて、人類はそうした生き方や英知を再び呼び戻そうとしています。
セラリカNODAでは生命ロウ(セラリカ)のもつ可能性をさらに追求し、真の豊かさを実現する新たな世紀に貢献したいと考えています。

21世紀に生かす「生命ロウ」の可能性

イメージ生物がみずからの生体を保護するために分泌するロウを、セラリカNODAでは「生命ロウ」(セラリカ)と呼んでいます。何千年何億年という時間をかけて、生物が進化の途上で生み出してきた生命ロウ成分には、人間の知恵の及ばない生命のもつ優れた機能が刻みこまれています。
セラリカNODAでは、汲み尽せない可能性を秘めた生命ロウを、人間の頭が生み出した石油合成系の製品に代わる天然ワックスとしてお届けしています。


P・ドラッカーが予言した21世紀

イメージプラスチックなどの合成物質があふれる近代社会の豊かさは、一方で環境破壊や資源問題とトレードオフの関係にありました。そして21世紀に入り、人間の理性に対する信仰や科学技術がリードした文明社会は、大きな反省の時期を迎えています。合理的でコンビニエントな暮らしの追求の限界と矛盾が、誰の目にも明らかになってきたからです。
世界的に著名な経営学者P・ドラッカーは、日本の可能性に着目し、21世紀は「日本は生物産業でリーダーシップを取るべきだ」と力説しました。


化石エネルギーの世紀の終わり

イメージ20世紀は化石燃料がリードした〝大量生産・大量消費〟の時代でした。近代社会は「便利なものを安く大量に」生み出すことをテーマに発展を遂げ、一定の豊かさを手にしてきました。
しかしその一方、人類は20世紀の物質文明の発展と引きかえに、大きな遺産を見失うことにもなりました。それは大自然との深い対話であり、天の恵みを享受する知恵にほかなりません。
セラリカNODAでは世界各地の自然が育んだ生命ロウ(セラリカ)こそが、「生物の世紀」にふさわしい可能性をもった製品としてお届けします。


耐熱性・耐水性に優れた、純度100%の天然樹脂

植物レジン

植物レジンは、石油系の合成樹脂に代わる、安全性に優れた天然素材として大きな注目を集めています。
植物レジンが採取できるタカトウダイソウはメキシコをはじめ、中南米の寒暖の差が激しい砂漠地帯に生育するために、そこから抽出・精製された植物レジンは温度変化に強いという特性があります。
このため、植物レジンは塗料や充填剤を始とした各種製品で活用でき、安全かつ安定した機能性を発揮します。



自然の植物から生まれる安全な樹脂(レジン)

植物の樹皮などに含まれる樹液が、揮発成分を失ったのちに固体化したものを「天然樹脂=植物レジン」と言います。
植物レジンは水に溶けにくいという性質がありますが、アルコールなどの溶媒に溶けやすく、溶媒が揮発した後は薄膜を形成して残ります。 この植物レジンは古くから様々な場面で活用されてきました。特に絵画では顔料などの色素をキャンバスに定着させる重要な役割を担っています。
ちなみに、宝石として知られる琥珀(コハク)はこの植物レジンが長い時をかけて化石化したものです。

石油から生まれる合成樹脂

植物からできる「天然樹脂=植物レジン」に対して石油から作られるものを「合成樹脂」といいます。
現在、一般に家庭などで用いられる樹脂(レジン)の多くは、この石油系の合成樹脂が占めています。
熱硬化性樹脂(フェノール樹脂・メラミン樹脂など)や熱可塑性樹脂(ポリエチレン・ポリ塩化ビニールなど)がありますが、
いずれも合成系特有の毒性を完全に排除することはできません。


「植物レジン」が拓く新たな樹脂の可能性

セラリカNODAの「植物レジン」は、砂漠の植物タカトウダイソウから抽出される天然樹脂です。
天然100%の素材を用いているため、添加物を含まず、安全性の高さは折り紙付きです。
また、厳しい砂漠の気候に鍛えられているため、温度変化にも極めて強いという特性があります。
今後、人間や環境にやさしい多機能素材として、さまざまな用途への可能性が期待されています。

「耐熱性」「耐水性」に優れた安全素材

植物レジンは優れた耐熱性に加え、加工も比較的容易で、加熱したり溶媒を用いて融解させることで多彩な用途に用いることができます。 塗布した後、冷却あるいは溶媒を揮発させると、透明で光沢ある皮膜を形成し、優れた耐水性を発揮します。
また、植物レジンは自然界に豊富に存在するため、安定供給が可能な安全性素材としても注目されています。



原子力と日本についてセラリカの想うこと