セラリカの安全なワックス。本当に良いものは人間にも環境にもやさしい。

生命の恵みとエネルギーがもたらす、〝真の豊かさの世紀〟へ。

近代社会が始まる以前、人類の歴史のほとんどは、自然との共生や調和をもとに営まれてきました。
人びとは大自然に畏敬の念を抱き、動植物が与えてくれる恵みを享受する知恵や作法を大切に守り育んできました。
21世紀に入り、近代社会を推進した石油エネルギーや産業に代えて、人類はそうした生き方や英知を再び呼び戻そうとしています。
セラリカNODAでは生命ロウ(セラリカ)のもつ可能性をさらに追求し、真の豊かさを実現する新たな世紀に貢献したいと考えています。

21世紀に生かす「生命ロウ」の可能性

イメージ生物がみずからの生体を保護するために分泌するロウを、セラリカNODAでは「生命ロウ」(セラリカ)と呼んでいます。何千年何億年という時間をかけて、生物が進化の途上で生み出してきた生命ロウ成分には、人間の知恵の及ばない生命のもつ優れた機能が刻みこまれています。
セラリカNODAでは、汲み尽せない可能性を秘めた生命ロウを、人間の頭が生み出した石油合成系の製品に代わる天然ワックスとしてお届けしています。


P・ドラッカーが予言した21世紀

イメージプラスチックなどの合成物質があふれる近代社会の豊かさは、一方で環境破壊や資源問題とトレードオフの関係にありました。そして21世紀に入り、人間の理性に対する信仰や科学技術がリードした文明社会は、大きな反省の時期を迎えています。合理的でコンビニエントな暮らしの追求の限界と矛盾が、誰の目にも明らかになってきたからです。
世界的に著名な経営学者P・ドラッカーは、日本の可能性に着目し、21世紀は「日本は生物産業でリーダーシップを取るべきだ」と力説しました。


化石エネルギーの世紀の終わり

イメージ20世紀は化石燃料がリードした〝大量生産・大量消費〟の時代でした。近代社会は「便利なものを安く大量に」生み出すことをテーマに発展を遂げ、一定の豊かさを手にしてきました。
しかしその一方、人類は20世紀の物質文明の発展と引きかえに、大きな遺産を見失うことにもなりました。それは大自然との深い対話であり、天の恵みを享受する知恵にほかなりません。
セラリカNODAでは世界各地の自然が育んだ生命ロウ(セラリカ)こそが、「生物の世紀」にふさわしい可能性をもった製品としてお届けします。


数千年の日本人の歴史が物語る、「米ぬかロウ」の豊饒と奥深さ。

ライスワックス

米から生まれるライスワックス(米ぬかロウ)には、日本人の歴史と文化が刻みこまれています。生きるために食べるのではない、単なる一食文化にとどまらない米という存在。それは日本人の自然との共生のシンボルであり、汲み尽せない豊かさの源泉でもありました。
セラリカNODAでは、ライスワックスが秘めた新たな可能性を追究し、石油石炭系に取って代わる製品としてお届けします。



単なるモノではない米の文化

数千年にわたって、日本人が毎日食べ続けてきた米とには、日本人の歴史や世界観、自然に対する関わり方、生活文化、人と人との関係など、じつに多くのものが内在しています。
「モノはモノであって単なるモノではない」――。ライスワックス(米ぬかロウ)には、近代が生みだした合理的な物質が及ばない、豊かな歴史と深い可能性が秘められています。セラリカNODAが考える根本の思想(生命ロウ)が、まさにそこにあります。

数千年の歴史と文化とともに

実りの秋、日本の田園には黄金色の稲穂が育ち、美しい風景が広がります。稲穂のなかには、生命ロウに守られた米が実っています。天の恵みである米、そして米を保護するために植物自らが生みだす生命ロウは、まさに大自然を生き抜いてきた生命の知恵そのものと言うことができます。
日本人は数千年にわたって、米によって健康を支え続けてきました。同時に、自然に対する礼節や作法を学び、深い感謝を捧げつつ、奥深い文化を育んできました。


古くて新しい知恵を21世紀に生かす

現代の産業や文明は、成長の限界が日々明らかになりつつあります。科学技術は、便利で快適な暮らしという、一定の達成を手にしました。しかし将来にわたって、真の豊かさを実現していくためには、人類はこれまでとは異なる知恵や思想を必要としています。
セラリカNODAでは、そのお手本を「生命ロウ」(セラリカ)に見出し、地球環境を含めた大きな視点から全体観をもった製品づくりを行っています。日本人にとって最も身近な製品として、セラリカNODAはさらに洗練されたライスワックスの提供をめざしています。