セラリカの安全なワックス。本当に良いものは人間にも環境にもやさしい。

生命の恵みとエネルギーがもたらす、〝真の豊かさの世紀〟へ。

近代社会が始まる以前、人類の歴史のほとんどは、自然との共生や調和をもとに営まれてきました。
人びとは大自然に畏敬の念を抱き、動植物が与えてくれる恵みを享受する知恵や作法を大切に守り育んできました。
21世紀に入り、近代社会を推進した石油エネルギーや産業に代えて、人類はそうした生き方や英知を再び呼び戻そうとしています。
セラリカNODAでは生命ロウ(セラリカ)のもつ可能性をさらに追求し、真の豊かさを実現する新たな世紀に貢献したいと考えています。

21世紀に生かす「生命ロウ」の可能性

イメージ生物がみずからの生体を保護するために分泌するロウを、セラリカNODAでは「生命ロウ」(セラリカ)と呼んでいます。何千年何億年という時間をかけて、生物が進化の途上で生み出してきた生命ロウ成分には、人間の知恵の及ばない生命のもつ優れた機能が刻みこまれています。
セラリカNODAでは、汲み尽せない可能性を秘めた生命ロウを、人間の頭が生み出した石油合成系の製品に代わる天然ワックスとしてお届けしています。


P・ドラッカーが予言した21世紀

イメージプラスチックなどの合成物質があふれる近代社会の豊かさは、一方で環境破壊や資源問題とトレードオフの関係にありました。そして21世紀に入り、人間の理性に対する信仰や科学技術がリードした文明社会は、大きな反省の時期を迎えています。合理的でコンビニエントな暮らしの追求の限界と矛盾が、誰の目にも明らかになってきたからです。
世界的に著名な経営学者P・ドラッカーは、日本の可能性に着目し、21世紀は「日本は生物産業でリーダーシップを取るべきだ」と力説しました。


化石エネルギーの世紀の終わり

イメージ20世紀は化石燃料がリードした〝大量生産・大量消費〟の時代でした。近代社会は「便利なものを安く大量に」生み出すことをテーマに発展を遂げ、一定の豊かさを手にしてきました。
しかしその一方、人類は20世紀の物質文明の発展と引きかえに、大きな遺産を見失うことにもなりました。それは大自然との深い対話であり、天の恵みを享受する知恵にほかなりません。
セラリカNODAでは世界各地の自然が育んだ生命ロウ(セラリカ)こそが、「生物の世紀」にふさわしい可能性をもった製品としてお届けします。


熱帯雨林の大自然が育んだ、天然植物ロウの機能と安全性。

カルナウバワックス

カルナウバワックスは、ブラジルの熱帯雨林地帯に生育するカルナウバヤシの葉から採取した、最高品質の植物系セラリカ(生命ロウ)です。天然植物ロウのなかでも、つや・光沢性・強靭性・硬さ・微結晶性において最も優れ、ほかの油性原料をまとめ、硬度調整の機能も高く評価されています。



赤道地域に生育する高級ロウ

カルナウバヤシはブラジル東北部の太平洋側、赤道に近い熱帯雨林地域に育ちます。ロウ成分は一本のヤシの木の葉から約1㎏が採取されます。きわめて品質の高い貴重な植物ロウとして知られ、最高級のカーワックスでは合成ワックスを一切使用せず、カルナウバワックス100%を用います。

国内初の精製法(特許取得)で製品化

セラリカNODAでは、ブラジル現地から輸入した粗ロウを、独自に開発した精製法(特許取得済)により製品化しています。天然ロウのもつ本来の特性を少しも損なうことなく、色相の優れた高品質の製品として高い評価を獲得しています。伸びのよさときめ細かさ、さらに優れた硬度特性から、つや出し剤として広く用いられるほか、情報記録や電子部品などの先端分野においても用途が拡大しています。


「生命の木」カルナウバヤシの歴史

世界的なドイツの博物学者フンボルトは、カルナウバヤシを「生命の木」と名付けました。原産地ブラジルでは、カルナウバヤシが食物・建築資材・薬用として用いられ、現地の人びとの生活を豊かにする植物だったからです。
18世紀後半に欧米に紹介され、床磨き材やカーボンペーパー、各種艶出し材として世界各国に輸出されるようになりました。

2016年五輪で注目されるブラジル

1992年の地球サミット以来、ブラジルは環境大国として、脱化石燃料を担う生物資源の活用を通じた発展を目指しています。カルナウバワックスは、そうした21世紀の生物産業の中核の一つとして注目されています。
2016年にはリオデジャネイロにおいて、南米初のオリンピックが開催されます。これからの文明をリードする新興「BRICS」の代表として、ブラジルにはますます注目が集まっています。


安全&高機能の天然植物ロウ

セラリカNODAのカルナウバワックスは、安全性の高さでも知られ、粒ガム・粒チョコレートの表面コーティングフルーツワックス、グラタンの表面保護剤など、食品分野において幅広い用途に用いられています。また、融点調整性・光沢性・防湿性・乳化性に優れていることから、口紅やファンデーションなど化粧品分野でも幅広く使用されています。

天然ロウでは最も高い融点と硬度

カルナウバワックスは天然ロウのなかで、もっとも融点が高く、固くて美しいマット系のつやが出ることから、カーワックスとして高いニーズがあります。また、プリンターのトナー半導体チップの離型剤塗料などにも用途が広がっています。このほか、医薬品工業・皮革工業などの工業分野でも高いニーズがあります。



原子力と日本についてセラリカの想うこと