豊かさの5段階説

セラリカ豊かさの5段階説

石油の世紀から生命の世紀への転換を分析するときに重要な、セラリカの豊かさの尺度を示します。

環境の考え方では、ヒト以外の生命をどう評価するのか、と言うことからスタートします。東洋には古くから、動物や虫達、風にそよぐ一木一草までにも魂があり、生命が宿っているという考え方がありました。
自然と視野を共にする知恵です。人間だけが特別な存在ではないのです。

糸川英夫氏によれば現在、地球上には豊かさのレベル別に3つの部屋があります。

第一の部屋

第一の部屋は、生活に必要な最小限のもの…とにかく食べられて、着るものがあり、雨露をしのぐ住むところがある。それを手に入れるためにせっせと仕事をし、最小限の生活を豊かと感じる部屋です。

第二の部屋

第二の部屋は、それがなくても生きてはいけるが、あると便利で楽しいものを求め、それを豊かさと感じる部屋です。いわゆる贅沢品と呼ばれるもので、自動車や家電製品などが豊かさのシンボルです。

第三の部屋

第三の部屋はよりパーソナルな部屋で、脳の快楽中枢に刺激を追い求める部屋です。TVゲームやパチンコ、麻薬などを豊かさと感じる段階です。さらにコンピューターを利用し現実にはない巨大な数字を駆使した金融もこの中に入ります。

現在、地球上では、まだ多くの国は第一の部屋にあり、発展途上国は第二の部屋で豊かさを実現し、日本など先進国と言われる国々は第三の部屋に住み着いていると言えるのではないでしょうか。

第三の部屋は非常に危険な部屋です。なぜなら、この部屋の豊かさには際限がないからです。その欲望はバーチャルかつ自己中心的で、永久にそこに根を張って住み着く危険性があります。

この部屋から抜け出す事はできないのでしょうか。
いま必要なのは、新しい世界へ一歩ふみ出す勇気を持って“フロンティアを目指す”旅人の魂だと思います。

第四の部屋

セラリカの指し示す第四の部屋についてご紹介しましょう。

第四の部屋は、相手との関係を大切にする部屋です。相手の喜ぶ顔が自分の喜びであり、相手の豊かさが自分の豊かさになる・・・言いかえれば、利他的な豊かさを体現できる部屋です。

セラリカNODAが中国の貧困地域でハゼの植林やカイガラムシの生物産業化を図るのも、貧困地域が環境と経済を両立しながら向上していく事により、村人の喜ぶ顔を通じて、私達もまた心と物の両面での豊かさを実現できると信じているからです。

こうして第四の部屋が開かれますと、その先には第五の部屋がある事に気づきます。

第五の部屋

それは人間同士だけではなく、地球に住むあらゆる生物達と人間の対話を大切にする世界です。

人間同士には言葉がありますが、生物達とはどうコミュニケーションをすればよいのでしょうか。 これは、生物達の声に耳を傾けることから始まります。この地球がこれほど美しく保たれて来たのも、生物達がいろいろな形でコミュニケーションを相互にとって調和しているからに他なりません。

都会の雑踏を離れ、深い森の中に身を置いたときに感じる小鳥のさえずりや、虫達の歌声、優しい木漏れ日、風に揺れる木の葉のざわめき、私達はそこに何かを感じるはずです。人間同士だけの関わりだけでなく、生物達の言葉を解明し、生物間の情報交換が可能となり、人と植物、昆虫など、地球上の生物がそろって真の豊かさに向けて成長していく世界こそ第五の部屋です。
人と森と生き物が共に豊かになり、コミュニケーションをとれるようになることが喜びにつながっていく部屋です。

半導体が人間のコミュニケーションを著しく発展させたように、イルカやクジラ達は頭部内にセラリカ(生命ロウ:鯨ロウ)を持ち、高周波で位置の確認や仲間とのコミュニケーションを計ります。また、ある種の蜂は体表のセラリカが言葉の役割を果たし、互いに触角を触れ合うことで相手が誰なのかを識別します。この仕組みが解明できれば、人間と生物のコミュニケーションも夢ではないでしょう。

C&C(CERA RICA & COMMUNICATION)を実現し、動物や昆虫の言葉、植物の言葉に耳を傾け、生命全体がより豊かに、地球がより美しく輝く方向へと導くこと・・・
それこそ「人と森と生命の共生」の真の姿だと考えています。